FitzHugh-Nagumo方程式

間島慶


平成19年11月26日





1 FitzHugh-Nagumo方程式とは


 FitzHugh-Nagumo方程式とは以下の形で表される心臓の筋肉や神経細胞の簡単なモデルとして知られている2変数の連立常微分方程式のことです。

ここでa,b,c,はそれぞれ定数でここではよく使われるa = 0.7, b = 0.8 ,c = 10を採用しました。vはmembrane potentialといい細胞のmembrane potential(膜電位)に対応しています、wはrecovery variableと呼ばれる隠れた変数であり、またI細胞の入力電流に対応してます。




全文: majima.pdf (1602KB)


戻る