蝋燭の炎の振動

理学部3回 坂井道成

2004年10月13日



1. 実験の目的

 二本の蝋燭を近づけると炎が同期して激しく振動するという現象がある。この現象は燃焼の安定性という実用的にも重要な問題につながり、また身近なもので起こせる非線形現象としても興味深い。この現象を詳しく調べる。
 また空気の流れを制限することで一本で炎の振動を起こし、モデル化の助けとする。



全文: sakai.pdf (228KB)


戻る