Link to Yoshikawa Lab. HomePage.







Abstract



ナノ診断・ナノ治療を目指したエンベロープ型ナノ構造デバイスの分子設計





エンベロープ型ウイルスの細胞内動態制御機構に着目し,細胞内動態制御 素子の開発とその機能評価を行った.エンドソーム・ライソゾーム系から細胞質中へ の脱出過程を促進するために,pH-sennsitive liposome or GALA-lipid derivative を用い,細胞質中への遊離過程を促進することに成功した.また,核移行シグナルに より核内送達の促進も試みた.さらに,核内に送達した遺伝子の発現効率を支配する 要因として size or topology の観点から検討を行い,直線で短いプラスミドが高い 発現効率を示すことを見いだした.これらの知見はナノ診断・ナノ治療のためのエン ベロープ型ナノ構造デバイスの分子設計のために有用な情報を与えると思われる.


Go to Seminar-index.






Please contact this E-mail address, whenever you have some questions. (kitahata@chem.scphys.kyoto-u.ac.jp)