Link to Yoshikawa Lab. HomePage.







Abstract



キラルなポリアミンを用いたDNA折りたたみ転移におけるキラル認識





単一DNA分子の折りたたみ構造の制御において、従来の研究はアキラルな凝縮剤分子を用いたものである。DNAはキラルな分子であることから、凝縮剤のキラリティーが折りたたみ転移に重要な影響を与えることが期待される。L及びD-リシン3量体あるいはL及びD-アルギニン3量体を用いて検討した結果巨大キラル分子の折りたたみ構造制御が低分子キラリティーによる構造認識に基づことを見い出した。


Go to Seminar-index.






Please contact this E-mail address, whenever you have some questions. (kitahata@chem.scphys.kyoto-u.ac.jp)